スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心こめます、こもります!


アンネブログをご覧の皆さん、こんにちは。
はじめまして、コロス役の厚木拓郎です!

ついに上演まで2週間とちょっとです!!

私は、前回の初演『アンネ』を、観客としてまず「体験」しました。
作品を味わって率直な感想は、「誰か、誰かに薦めたい!!」でした。
そして自分が出演した訳でもないのに劇団からチラシを大量にもらい、
気づけば次の日から学校で配りまくっていました。

それから、あっという間に2年程経ち、
今回はなんとその『アンネ』という作品に
自分自身も出演する立場となりました。

稽古の様子

役者として、観た時点ですでに「素晴らしい出会いだ!」と思ったのに、
さらにその作品を表現する機会を得たという事は、とてつもないプレッシャーとともに、
その作品をさらに深く探究できるチケットをもらえたようで、
やる気と感謝とまぁもう・・・すごいです!

そして稽古が行われ、それは今まさに続いている最中なわけですが、
まぁもう・・・すごいんです!

「声は心の波立ち際」

これは演出の山下晃彦さんが仰っていたのですが、この言葉でも
受け取れるように、音楽・振り付けにいたっても、作り手の皆さん表現の根底に
「心」をすごく大切に扱ってくださっていて、そのどの部分を、
声から、細胞から、聞こえてくるもの、目に見えるもの、
どうやってその空間にいる皆さんと共有していくかということを探し、
試し続けています。

稽古の様子

そうやって、稽古を重ねていくうちにさらに深~く、厚~く、広~く、空間が。
そして夢見る心で、愛する心で、楽しむ心で、ふとした時のなにげない心で・・・
『アンネ』という作品ひとくくりで、「心の波立ち際」になっていくだろう、
いえ、確実になっていると思います。

そんな心の波立ち際によって、今回この作品が表現していくことはズバリ、
キラキラきらめくいのちの輝き。

これは表現者としても、今、とっても表現したいことになりました。
そして、皆さんも、今とっても出会いたい作品のテーマではないでしょうか。

日本を励ます力を蓄えるためにも、是非とも観に来て欲しい作品です!

そして厚木拓郎はコロスで一体どういう役柄を演じるのか?!
というのも頭の片隅に残していただきながら観ていただけると…(笑

厚木拓郎
厚木拓郎
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

公式サイト
アンネHP
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。