スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小屋入りしました


あっという間に小屋入りの日を迎えました。

110429anne01.jpg

Aチーム、Bチーム、それぞれの個性が明確になり、
より細かな部分までこだわりが出ています。

稽古の初めの頃は「初演に負けないように」と、
どこか比較していたものが、徐々に

‘再演だからこそ見えてくる新しいもの’

に変化しています。

数あるシーンの中で、
ヒトラーの独裁的な世界と、隠れ家の民主的な世界の2つが、
1つの舞台の上で重なり合うシーンは、必見です。

家族の絆って素晴らしいなぁと、改めて実感します。

そして、もう一つ。
大特訓のアンネとペーターの純粋な恋物語のシーンは、
両チームとも、キュンとします。

自分自身の青春を振り返ってみたりして。

言葉で場面を進めてゆく。

これは、演出の山下さんがこだわる、この一言。

もちろん内面の思いも大事です。
その思いを言葉に乗せ、行動し目に見える形へと変化させる。

たった1cm、机の向きが変わるだけでも
見える世界は大きく変わるのです。
それは目に見えない心の中も同じ。

だからこそ、その1cmにこだわる。

日々、新しく、時にガラリと変わるので、演じる役者も、
ワクワクドキドキしながら、毎日新鮮に稽古しています。

110429anne02.jpg

これからは本番のステージで本番同様の稽古。
ラストスパートです。

初日の幕が上がるまで、
いや、千秋楽の幕が下りるまで、
観客席のお客様からもエネルギーを頂きながら、
化学反応を起こし続けていくことでしょう。

アンネの光り輝くエネルギーを、是非、その目でご覧下さい。

井上阿弥
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

公式サイト
アンネHP
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。