スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60周年記念の『アンネ』

周りの方に、
「劇団ひまわりの創立60周年に『アンネ』を上演します」
とお伝えした時、さまざまな反応をいただきます。

私には直接言わなくとも、
「記念公演なのになぜもっと明るく華やかな作品にしないのだろう?」
と思われた方もいらっしゃると思います。
そのあたりのことを少しお話しできればと思います。



ユダヤ人の迫害、そして虐殺。
人間は憎しみや恐怖でこんなことまでしてしまう。
しかし、これは小説や映画の中の物語ではなく、
同じ時代を生きている人、私の両親や出演者の祖父母と
同年代の方が体験した出来事なのだ。

15年という短い人生をひたむきに生きたアンネ。
隠れ家生活でも精一杯人間らしく生きた少女。

彼女たちの生き方と、現代の私たちが抱えている
閉塞感や重々しさは全く似て非なるものである。

しかし、アンネの様に夢を持って生きているのであろうか。
彼女よりずっと自由な環境に身を置き、物質的には
恵まれているのに、悲観的になりすぎていないだろうか。

そんなことを考えていたら、
「アンネの日記」という原作をモチーフに、
ユーモアや葛藤を持って演劇化できないだろうか?
という思いが湧いてきた。
発展途上の若い才能を集めて上演することができるのか?

演劇を長くやったからといって、どんな役でも
演じられるようになるわけじゃない。
その世代特有の空気感、透明感、活きの良さが
なければできない役がある。

そう思ったら『アンネ』こそが「劇団ひまわり」にとって
最適な作品だと思った。
だからこそチャレンジしてみたかった。

そして演出の山下さんや脚本の横山さんらの力によって
舞台化され、2009年に初演を迎えた。
たくさんの方に「感動した」というお声をいただいた。
そして、『アンネ』に出演したことによって、
驚くほどの成長を遂げた出演者たちの姿があった。

命を粗末にしてほしくない。
悲観的になってやつあたりしないでほしい。
世界のあちこちで今も戦争が起こり続けている。
日本ではたくさんの人が自殺という悲しい道を選んでいる。

『アンネ』という作品を通して命について考えたかった。
若い人たちにも伝えたかった。
悲劇だけど悲劇ではない。
この作品で元気をあたえたかった。

座席数123席の「シアター代官山」なら、
隠れ家生活を一緒に体感できるはず。
アンネたちの日常を一緒に楽しんで欲しい。

ぜひたくさんの人にご覧いただきたい。


砂岡不二夫
プロデューサー
砂岡不二夫
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

公式サイト
アンネHP
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。